mac mojaveで消してしまったファイルを復元したりバックアップする

Hackintosh

僕が使っているmacbookproやHackintoshしたデスクトップマシンのデータ復旧ソフトの試用やバックアップの作成を行ってみました。

「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」とは

EaseUS Data Recovery Wizard for Macはmacのデータ復旧ができるソフトです。

データが壊れたり消えることは特別起きない現象だとは思いますが、自分自身のミスによって消してしまったり壊してしまったりすることはあると思います。

特に僕は仕事で使うファイルがフォルダ分けをサボって平気で書類フォルダの中に散乱していたりデスクトップに散乱していて「あ、これもう使わんじゃん」ってまとめて消したときにまだ使うファイルが平気で巻き添えにしてしまうことがあります。(よくない)

というわけでそんなヒューマンエラー対策として復元ソフトの試用とバックアップを取っておくことは大切です。なので今回はmacbookのファイルをバックアップすることにしました。

データを復旧してみる

データを復旧するにはEaseUS Data Recovery Wizard for Macを使用します。

データを実際に復旧するには有料版を購入する必要がありますが、実際にデータが復旧できそうかどうかは無料のトライアル版で確認できるのでトライアル版で復旧できるか確認してから購入することができます。

インストールして起動するとSSDのスキャンが始まります。

操作ガイドはコチラ

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac - 操作ガイド
このページでは、EaseUS Data Recovery Wizard for Macの使い方を詳しくご説明いたします。

空にしてしまったゴミ箱の復旧なども公式サイトで解説されています。

「Mac ゴミ箱 復元」Macのゴミ箱から削除したデータを復元する方法
Macでファイルを削除して、ゴミ箱を空にしたら、どうやってデータを復元すればいいですか。Macからファイル、またはフォルダを削除したとしても、その分のデータが完全に消えることがありません。元々の保存領域が新しいデータや操作によって上書きされない限り、ゴミ箱から削除したデータを専門のMacデータ復元ソフトで完璧に復旧でき

バックアップ先の外付けHDDの準備

バックアップはUSBメモリなどでもいいのですが、今回はまるまるバックアップを取るためにHDDを利用します。最近はUSBメモリも大容量になってきているので128GBの最小構成macbookproならUSBメモリですべてバックアップできます。

created by Rinker
サンディスク
¥1,899 (2019/11/19 17:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

私の場合は2.5インチのHDDをsata-USB変換してバックアップ用にすることにしました。

バックアップの作成はEaseUS Todo Backupで行う

バックアップの作成には復旧するソフトとは別のEaseUS Todo Backupで行います。

EaseUS Software 404エラー:お探しのページは見つかりません。
EaseUS Software:404エラーが発生しました。お探しのページは見つかりません。正しいURLが入力されていますかとご確認ください。URLが正しい場合は、そのURLは変更されている、もしくはもう存在しないかもしれません。

こちらは無料版でもある程度の機能を使うことができます。パーティーションごとのバックアップやディスクのバックアップができるのでHackintoshユーザーはEFIパーティーションなども定期的にバックアップしておいたほうが良いでしょう。

 




インターネット回線はNUROがおすすめ!
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いた人
IORI

雑記ブログ、ガジェットやパソコン系の記事が多いです。
Youtubeでも活動しているので是非そちらもチェックしてみてください。

IORIをフォローする
Twitterをフォローして最新ツイートをチェックしよう
毎日更新してます。
HackintoshMacPC
スポンサーリンク
IORIをフォローする
DLE.work

コメント

タイトルとURLをコピーしました