Amazonタイムセールページはコチラ

長野から東京が2000円!Willer Expressの高速バスを毎回使う理由

ライフハック

実家が長野の関係でもう10回以上高速バスで長野→東京間の移動をしていますが、毎回WILLER Express(ウィラーエクスプレス)社のバスを使っています。

最初のほうは比較サイトでバス会社を比較して選んでいましたが、WILLERが毎回安いことと最安値を探す手間と色々な会社を使う手間を考えると毎回WILLERで予約してしまったほうが楽です。

今回は何度もWILLERトラベルで移動している僕がWILLERを使う理由、メリットについて紹介したいと思います。

1.WILLERの高速バスはほぼ最安値付近

 

上記の画像は東京から長野市までの7月料金表です。安い平日の昼に乗れば2000円代から1500円程度の料金で乗れます。

また、比較サイトから予約するとマージンがあるのか数百円多めに取られるのでWILLERから直接探したほうが最安値で乗れます。

2.WILLERの車内、シートが快適、充電やWi-Fiも

シートの種類は色々あるようだが、いまのところ上記画像のリラックスタイプにしか乗ったことがない

高速バスは長野ー東京間でも3−4時間は座り続けるのでシートが最初からわかっているのは安心できます。

一度適当に別の会社のバスに乗ったときは、普通のバスに乗せられたので長時間座り続けるのはかなり疲れました・・・

WILLERなら長距離に適したシートですし、充電用のコンセントや車内Wi-Fiがついているので長時間の移動でも快適に過ごせます。

3.乗り場がわかりやすい

高速バスで一番不安になるのが乗り場がわかりにくく、スムーズにたどり着けないことです。

予約したのに出発時間に間に合わず損・・・なんてことにはなりたくないですからね

WILLERなら東京のバス停はバスタ新宿ですし、長野市のバス停も王手バス会社だからか、ピンクの看板が立っていてすぐわかりました。

しかも最近ではグーグルマップに登録されたことで「WILLER」と入力すれば場所が表示されるようになりました。

Googleで徒歩ルート案内を起動させれば簡単にバス停までたどり着けます。

まとめ 高速バスならWILLERがおすすめ

なんどか高速バス比較サイトから色々なバスに乗っていましたが、もうWILLER一択になりました。

長距離移動に適したシートなのとWi-Fiもありすし、快適に移動できます。

何度も高速バスに乗る方はウィラーエクスプレスのサイトに登録して毎回ウィラーから乗ったほうが無駄な手間もなくおすすめです。



インターネット回線はNUROがおすすめ!
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事を書いた人
IORI

雑記ブログ、ガジェットやパソコン系の記事が多いです。
Youtubeでも活動しているので是非そちらもチェックしてみてください。

IORIをフォローする
Twitterをフォローして最新ツイートをチェックしよう
毎日更新してます。
ライフハック雑記
スポンサーリンク
IORIをフォローする
DLE.work

コメント

タイトルとURLをコピーしました